インプラント治療で6ヶ月は長いほうですか?? | インプラント名医・専門医監修のインプラント情報サイト|無料相談/診断/治療/費用/-東京|千葉|埼玉|神奈川|茨城|栃木|

インプラント治療で6ヶ月は長いほうですか??

インプラント手術を受けた知人の話だと、治療に6ヶ月かかったということでした。

これは長いほうなのでしょうか?

もし長いほうだとすると、どのような原因が考えられるのでしょうか?

忙しいので、できれば、4、5回の通院で終わらせたいと思っているのですが無理でしょうか?

回答一覧 (1件) >RSS
  1. インプラントは顎の骨に人工の歯の根を埋め込んで、人工の歯を取り付ける治療です。

    顎の骨と埋め込んだインプラントが骨と結合する期間は、
    人工の根を埋め込む骨の質によって異なります。

    一般にインプラント手術当日に人工の歯を取り付ける場合は即時インプラント、
    一定の治癒期間を経て人工の歯を取り付ける場合は待時インプラント、といいます。

    待時法で行う場合は治癒期間は上顎で4~6ヶ月、下顎で3ヶ月必要です。

    この治癒期間を短縮した状態2ヶ月程度で人工の歯を取りつける場合は
    早期加重インプラントといいます。

    インプラントを埋め込む場所やその部分の骨の量や質によって、
    治癒期間は大きく異なってきます。

    治癒期間によって数%の成功率の差も生じてきます。


    嶋野 一弘

トラックバック用URL: