インプラント手術その前に | インプラント名医・専門医監修のインプラント情報サイト|無料相談/診断/治療/費用/-東京|千葉|埼玉|神奈川|茨城|栃木|

インプラント手術その前に

インプラントが適するケース

少し前までは、骨の量や密度によって、インプラント治療が難しいケースがありました。

しかし、さまざまな骨の造成方法が開発され、またインプラントの手術自体も精度が高まってきたため、ほとんどのケースでインプラント治療が可能になってきました。

インプラントが適さないケース

インプラントが適さないケースとしては、下記のようなケースがあります。

・顎の骨の成長が終わっていないケース(おおむね16歳以下)

・チタンへのアレルギーを持っているケース

・アルコール依存症のケース

・妊娠中のケース
術後の投薬や、レントゲン撮影が必要になるため、出産後の落ち着いた時期にインプラント治療をすることをお勧めします。

特に、下記のような重度の全身疾患や慢性消耗性疾患のある人は、慎重に対応する必要があります。内科主治医がいる方は、事前に相談する必要があるのでしょう。

・糖尿病を患っているケース
・肝疾患があるケース
・腎疾患があるケース
・高血圧や心臓病などを患っているケース