インプラント用語 | インプラント名医・専門医監修のインプラント情報サイト|無料相談/診断/治療/費用/-東京|千葉|埼玉|神奈川|茨城|栃木|

CT検査

CT検査(Computed Tomography:コンピュータ断層診断装置)のこと。

CT検査機器CT検査は、X線を使って身体の断面を撮影する検査。

身体の輪切りの画像を細かく得ることができるため、骨や筋肉、臓器の状態をより正確に把握できる。

チタン合金

チタンを主成分として、アルミニウム・クロム・鉄などを添加した合金。

チタンの特性を活かしながら、さらに軽く、耐久性・強度に強化することが出来る。

化学工場の機械装置や、航空機・自動車・船舶などに用いられている。

生体親和性は純チタンより多少下がる。

チタン

チタン(英Titanium)は、原子番号22の元素で元素記号はTi。

チタンは鋼鉄以上の強度を持ち、質量は鋼鉄の約45%と非常に軽く。

質量が軽いアルミニウムと比較した場合、約2倍の強度を持つ。

これらの特性の影響により、チタンは他の金属よりも金属疲労が起こりにくい。

また、生体親和性が高く、金属アレルギーを起こさないため、歯科医療を初め、医科でも広く使われ、骨折時の補強材としても使用される。

インプラント体

インプラントの部品。顎の骨(歯槽骨)に埋め込まれ、直接顎の骨(歯槽骨)と結合する部分で、歯の根っこになる部分のこと。人工歯根(フィクスチャー)と呼ばれる。

素材はチタンがほとんど。

インプラント義歯

インプラントを支台として装着される義歯(入れ歯)のこと。

通常の入れ歯と違い、インプラントによって支えられるため、かむ力や安定度が高い。

GBR

Guided Bone Regenerationの略。骨再生誘導法とも言い、歯肉と骨の間にメルブレンという膜を張りスペースを作ることで骨の再生を誘導する。

自家骨などを併用することでさらに効果が高くすることが出来る。

骨の量が足りずインプラントの固定が困難なケースで行われることが多い。

2回法

インプラントの術式のひとつで、人工歯根(フィクスチャー)埋入後、上から歯肉を縫合し、いったん埋没させる。

アバットメントの連結の際に歯肉を剥離する2度目の手術が必要となるが、非荷重治癒期間中の患部への負荷を軽減し、感染リスクを最小限に抑えることができる。

1回法

インプラントの術式のひとつで、人工歯根(フィクスチャー)埋入後、人工歯根(フィクスチャー)の頭の部分を口腔内に露出させたままし、骨との結合後、アバットメントを装着する。

外科手術が1回の為、患者の負担は軽減されるが、インプラントが骨と確実に結合するまでに細菌感染する可能性や、力がかかってしまいインプラントの骨結合に悪影響を及ぼす場合がある。

人工歯根(フィクスチャー)

骨に埋め込み、人工歯を支えるインプラントの本体のこと。

骨に埋める歯根にあたる部分を指す。人工歯根(フィクスチャー)単独でインプラントと呼ぶことも多い。

バイオインテグレーション

ハイドロキシアパタイトを介した骨との結合をオッセオインテグレーションと区別してバイオインテグレーションと言う。

インプラント表面にコーティングされたハイドロキシアパタイト(骨や歯の成分)が骨と直接融合し、より早く強固な結合が得られる。

このタイプのインプラントをHAインプラントと呼ぶ。

現在ではナノレベルでの結合を行う研究が進んでいる。