インプラント技術の今を伝える(後編) | インプラント名医・専門医監修のインプラント情報サイト|無料相談/診断/治療/費用/-東京|千葉|埼玉|神奈川|茨城|栃木|

インプラント技術の今を伝える(後編)

インタビュー

患者様の満足度を上げる取り組みが、他県からの来院や他の病院での手術依頼につながっているのですね。
そんなインプラント治療においても、たびたびメディアなどで、トラブルが報道されていますが?

特に最近経験が浅い外科医による手術や、精度のおちる簡単な人工の歯の製作法が多くなってきていることが心配ですね。

十分な治療計画やそれに伴った外科機材や高い手技をもつ外科処置を行うこと、インプラントの上に取り付ける人工の歯をしっかり作ることで、ほとんどのトラブルが、回避できると思います。

インプラント治療では、外科処置も重要ですが、その後とりつける人工の歯の出来が長期的なインプラント治療の成功の成否を左右する重要な要素です。

 

インプラント自体だけでなく、人工歯など再生治療としてトータルな管理が必要ということですね?

そうです。

人工の歯を作るのは歯科技工士ですが、歯科医師と同じようにインプラント技工を長期にわって経験し、数々のトラブルを経験した技工士でないとまかせられない面が数多くあります。

技工士自身が製作したインプラント人工歯について、10年以上にわたる経過を管理できる技工士を選択し、自分の歯科医院の専属技工士として協力していくところがなかなか難しいです。

幸いにも当医院ではブーロネマルクインプラントが日本で始まったころから、インプラント技工の研究に力をいれてこられた小湊氏に、20年以上近くも技工を任せることができ安心できています。

 

それほど、人工歯の技工が重要なのにあまり取り上げられていないですよね?

以前、インプラント人工歯の経験の浅い歯科技工士の技工物を何度か見ましたが、やはり形は同じようですが、細部や見えない部分の精密さは、処置になれた技工士が製作したものと大きく異なっていました。

 

では、患者様が歯科医院を選ぶときにはどんな点に気をつければいいのでしょうか?

インプラント治療の経験年数と年間症例数が非常に重要だと思います。

15年以上経過した症例と向き合ってきた経験から、処置直後では想像しなかったトラブルも発生してきます。

そのため、長期経過症例をもった歯科医院での治療は重要だと思います。

研究データで10年経過したインプラントの事例と、実際の患者様で10年が経過した場合では、インプラントも人工の歯もメインテナンスも含めて大きく異なります。

歯科医師自身が治療したインプラントが、実際に10年以上機能している患者様と付き合えている歯科医院を選択することが必要ですね。

インプラント治療を価格だけで選択すると、なにかと問題が起こりがちです。

かならず治療内容や人工歯、使用インプラント、手術件数や経験年数など十分な情報を集めたうえで選択することをオススメします。

 

インプラントの今後について、可能性や問題点なども含めて、ぜひお聞かせ下さい。

最新のインプラント治療は、いかに治療期間を短くするか、あるいは治療期間中の患者さんのQOL(quarity of life)をいかに向上させられるかといった部分が重要になってきています。

その部分ではワンデーインプラント、あるいは、イミディエートローディングと呼ばれる即時負荷や早期負荷、あるいは仮のテンポラリーインプラントの積極利用して治療期間の短縮をさらに進めていきたいと思っています。

 

先生の今後の展望などをお聞かせ下さい。

最新のインプラント治療を常に提供できるよう外科、補綴、麻酔医と歯科技工士でのインプラントチームとして努力していくつもりでおります。

 

最後にこのサイトをご覧いただいている患者様に
メッセージをお願いいたします。

インプラントに対する不安やトラブルは多くの場合、正しい知識や情報を持つことで、回避できることがほとんどです。

インターネット上にインプラント治療の情報はあふれています。

しかし、その中から正しい情報を選択することは困難になってきています。

そういった意味で、このサイトがインプラント治療の質と患者の満足度につながればと思いますね。

 

ありがとうございます。これからも患者様サイトに立ったサイトにしていくことができればと思います。

ぜひよろしくお願いいたします。

お忙しい中、誠にありがとうございました。

 
null